手術と治療

白内障手術

白内障とは、目の中の水晶体が混濁する病気です。水晶体はカメラではレンズにあたる部分で、混濁したレンズで撮った写真の写りが悪いように目のレンズ(水晶体)が混濁すると視力が低下します。

原因として最も多いのが加齢によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれています。 その他の原因として、外傷によるもの、先天的なもの、薬剤による副作用、糖尿病などの全身疾患など多岐にわたります。

ほとんどの方が点眼麻酔のみで15分~20分程度で手術を終え、痛みはほとんどありません。 水晶体の混濁が強い等の場合、手術時間が長くなることもあります。眼内レンズは、一度入れたものを交換する必要はなく、普通は一生使用することができます。

白内障イメージ01

症状

  • かすんで見える、明るい所に出るとまぶしく見にくい
  • どんなに調整してもメガネがあわない
  • ぼやけて二重、三重にみえる
※ 混濁の程度により症状には個人差があります
白内障イメージ02

治療

手術の流れ

ほとんどの方が点眼麻酔のみで15分~20分程度で手術を終え、痛みはほとんどありません。水晶体の混濁が強い等の場合、手術時間が長くなることもあります。
眼内レンズは、一度入れたものを交換する必要はなく、普通は一生使用することができます。

白内障イメージ03_01

白内障イメージ03_02

日帰り手術
白内障手術は、手術方法の進歩によって以前に比べるとより安全に、より正確にできるようになりました。 そのため入院しない日帰り手術が可能となっています。麻酔は点眼麻酔のみで、痛みはほとんどなく、手術中は医師の声が聞こえ、会話もできます。 詳しくは問い合せ下さい。
手術予約状況にて手術日までの待ち期間には長短がありますことをご了承ください。

多焦点眼内レンズを用いた先進医療手術について

当院では、白内障手術を厚生労働省の承認を受けた「先進医療」として実施できる医療施設として認定されています。
多焦点眼内レンズは遠近両用レンズです。現在、白内障手術で一般的に使用される眼内レンズの「単焦点レンズ」とは異なり、 遠近どちらとも焦点を合わせることが出来ます。
多焦点眼内レンズ手術をご希望の方は、当院までお問い合せください。
>>多焦点眼内レンズについてはこちら

手術・治療内容をお選びください。

レーシック手術について

医療法人社団 玄心会
吉田眼科病院

函館市本通2丁目31-8【MAP】
TEL.0138-53-8311

休診日:日・祝日
診療時間:
月火水金/午前9:00~午後6:00
木土/午前9:00~午後5:00
>>詳しくはこちら