ORAシステム

北海道・東北初導入 イメージガイドシステムを活用した白内障手術

これまでの白内障手術は、術前検査から予測して眼内レンズの度数を決定しておりましたが、ORAシステムでは手術中に眼の状態をリアルタイムに測定し、 眼内レンズの度数を最終決定出来ることが特徴です。
更に世界中の手術結果を基にした独自のシステムにて、患者様に最も最適な眼内レンズ度数を提案することが可能となっております。 レーシック手術既用歴のある患者様においても検証可能で有用です。まだ症状が出ていない眼科疾患を早期に発見することが可能です。

この度、当院にて導入したVerifEye Lynkは、従来のORA機能の強化に加えVERIONイメージガイドシステムとのデータ共有が可能となり、VERIONのイメージ画像から眼球回旋を考慮したORAでの術中検証を実現させることにより、更なる手術精度の向上が期待できます。
ORAシステムの流れイメージ

画像をクリックすると大きく表示します

ORA™ with VerifEye Lynk™の特徴

  • AnalyzOR™とVision Plannerを統合

    Verion™、ORA™間で患者データの共有

  • MID(Micro Scope Integrated Display)

    より鮮明なガイド表示と解像度の向上

  • Vision Planner(3.1)

    Barrett計算式を搭載

  • アベロメータの最小化

    小型化による操作性の向上(約3.4Kg→約3.2Kg)

  • Alcon Cataract Refractive Suiteと統合されたSkinカラー

    一貫性のあるシームレスなデザイン

イメージガイドシステムを導入した白内障手術

各手術工程において、個々の患者毎に最適化されたガイドを標示させ、思わぬエラーの発生を防ぐことができます

従来の白内障手術では、手術や検査で生じる変数が多く、予想外の術後結果を引き起こす可能性がありました。 手術のワークフロー全体を通して、洗練された計算や技術でさえ、屈折誤差を残す可能性があります。

ORAシステムは、手術中に水晶体を摘出した後、リアルタイムに眼の状態を測定することによって、患者様毎に最適化されたガイドを提供します。 これにより、患者様にとって理想的な状態をより高い精度で目指すことが可能となります。
思わぬエラーの発生を防ぎ、レンズの効果を最大限引き出すことが期待できる、非常に精密で高い精度をもつ技術です。
イメージガイドシステムを導入した手術の流れ

画像をクリックすると大きく表示します

VERIONを用いた手術計画の作成

術前検査ユニットVERION(ベリオン)を用い、強膜血管、角膜輪部などの高解像度データを測定します。
測定情報に情報に基づいて手術計画をプラニングします。
眼内レンズ、切開位置等を設定し、ORAシステムへデータを転送します。
  • BarrettトーリックカリキュレーターUniversal True Kなどの計算式により更なる精度の追求が可能
VERIONを用いた手術計画の作成イメージ

ORAを用いた術中波面収差解析

切開創や水晶体の除去により変化する眼の状態に合わせ、手術中リアルタイムで情報を更新していきます。
  • リアルタイムに無水晶体眼の屈折値を表示
  • 術中、仰臥位における眼球回旋を考慮
  • IOL挿入前に想定される術後屈折を確認
ORAを用いた術中波面収差解析イメージ

最終決定のサポート

OPAシステムは、術前の検査結果と術中のリアルタイムの屈折結果を同時に確認することができます。
リアルタイムの測定結果から、最適な眼内レンズ固定位置と、乱視用眼内レンズの場合は最適な固定軸の位置を表示し、患者様にとって、より最適な眼内レンズ度数を最終決定致します。
  • 検査室から手術室へ、手術計画をインポートし、リアルタイムの屈折値と比較
  • 最適なIOLパワーと眼球回旋を考慮したトーリック軸を表示
最終決定のサポートイメージ

リアルタイムに屈折値を検証して手術を終了

眼内レンズの最終固定位置確認を行い、ORAシステムからリアルタイムに表示されるフィードバックのお知らせを待って手術終了となります。
  • トーリックIOL挿入後にリアルタイムに屈折値を測定し、最適な固定位置を提案
  • 目標とする術後円柱度数に基づき、LRIの切開位置を表示
  • 粘弾性物質除去前に最終的なトーリックIOL固定位置を記憶したトラッキング
リアルタイムに屈折値を検証して手術を終了イメージ

手術・治療内容をお選びください。

ORAシステム 国内初承認の3焦点眼内レンズAcrySofIQPanOptixTrifocal IPL治療(ドライアイ・フォトフェイシャル) アイドックについて plexelite9000導入しました レーシック手術について レーシック公式

医療法人社団 玄心会
吉田眼科病院

函館市本通2丁目31-8【MAP】
TEL.0138-53-8311

休診日:日・祝日
診療時間:
月火水金/午前9:00~午後6:00
木土/午前9:00~午後5:00
>>詳しくはこちら