手術と治療

網膜硝子体手術

眼球には、硝子体という器官があります。水晶体の後方にあり、内腔をうめる透明なゼリー状の組織です。
硝子体が網膜を引っ張って網膜剥離となったり、炎症や出血することによって混濁し視力に影響を及ぼすなど、様々な疾患を引き起こす要因となります。
網膜硝子体手術とは、硝子体を切除するために白目の部分に小さな穴を開けて細い器具を眼内に挿入し、出血や混濁した箇所を取り除いたり、 網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し網膜の機能を回復させる手術のことをいいます。
網膜硝子体手術イメージ01

手術

ほとんどの場合、硝子体手術は局所麻酔で行います。 手術室で眼の消毒をした後、目の下の部分に麻酔の注射をします。 それでも手術中痛みを感じる場合は麻酔を追加することによって、痛みを取り除くことが可能です。
疾患によって手術の時間や入院期間等が異なりますので、主治医から詳しく説明させて頂きます。

  1. 局所麻酔を行います。目の下の部分(下瞼)の皮膚の上から、眼球の後方に直接麻酔の注射を打ちます。
  2. 白目の部分に手術機器を挿入する小さな穴を3ヶ所あけます。
    (硝子体を切る為のカッター、照明の為の光ファイバー、眼球形態を保つ為の灌流液を注入する器具の三点)
  3. 硝子体を切除します。切除した分量だけ眼内に灌流液が入り置き換わっていきます。
    疾患によって網膜にできた増殖膜や網膜裂孔の治療なども行います。
    網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、灌流液をガスに入れ換えて手術を終えます。

※ 手術自体は通常1~2時間程度です。(状態によりそれ以上かかることもあります)
※ 白内障に罹っている患者様は白内障手術も同時に行うことがあります。
※ 入院期間は疾患により異なります。(数日~2週間以上)
※ ガスを注入した場合、術後数日間うつむき姿勢をとって頂きます。

適応疾患

  • 網膜剥離
  • 黄斑上膜(黄斑前膜)
  • 黄斑円孔
  • 網膜静脈閉塞症
  • 糖尿病網膜症 など

手術・治療内容をお選びください。

レーシック手術について

医療法人社団 玄心会
吉田眼科病院

函館市本通2丁目31-8【MAP】
TEL.0138-53-8311

休診日:日・祝日
診療時間:
月火水金/午前9:00~午後6:00
木土/午前9:00~午後5:00
>>詳しくはこちら