手術と治療

黄斑変性症治療

網膜の中央部分にある「黄斑部」は、私たちが物を見るのに最も大切なところです。その黄斑部が障害された病気が「黄斑変性症」です。
老化などに伴い老廃物が黄斑部に溜まり、炎症や出血を誘発し視野の中心が歪んだり欠けて見えたりします。 遺伝性のものもありますが、大部分は老化に伴う加齢黄斑変性症と言われています。 放っておくと失明する危険性もあり、欧米では失明原因の第1位を占めております。
従来、黄斑変性症は欧米人に起こりやすく、日本には殆んど見られない病気でしたが最近加齢による黄斑変性症が日本でも急激に増えています。
黄斑変性症治療イメージ01

黄斑部とは

黄斑変性症治療イメージ02

網膜の中心部で、感度の良い視細胞が集まっている部分を「黄斑部」という。

見え方の違い

黄斑変性症治療イメージ03

PDT Laser(光線力学療法)

従来のレーザー治療

PDTレーザーイメージ01

眼底にレーザーを照射し、新生血管を焼く。新生血管が中心窩にある場合は、著しい視力低下を招くおそれがあるため、行われない。

新しいレーザー治療

PDTレーザーイメージ02

まず、特定の波長のレーザーに反応する薬(ベルテポルフィン)を腕の静脈から点滴で注入する。

PDTレーザーイメージ03

薬が新生血管に達したら、特定の波長の弱いレーザーを照射すると、新生血管のみをつぶすことができる。新生血管が中心窩にあっても可能。



手術・治療内容をお選びください。

レーシック手術について

医療法人社団 玄心会
吉田眼科病院

函館市本通2丁目31-8【MAP】
TEL.0138-53-8311

休診日:日・祝日
診療時間:
月火水金/午前9:00~午後6:00
木土/午前9:00~午後5:00
>>詳しくはこちら