手術と治療

硝子体注射

加齢黄斑変性症の内、網膜内や下に新生血管が発生することにより浮腫や出血が生じて網膜が障害される、滲出型加齢黄斑変性症に対する治療法です。
新生血管は血管内皮細胞増殖因子(VEGF)により誘導されることがわかっており、その働きを抑える作用のある抗VEGF剤を眼内の硝子体内に投与する治療法です。
原因療法に近く非常に画期的な治療法です。

>> 加齢黄斑変性の治療・症状についてはこちら

手術・治療内容をお選びください。

レーシック手術について

医療法人社団 玄心会
吉田眼科病院

函館市本通2丁目31-8【MAP】
TEL.0138-53-8311

休診日:日・祝日
診療時間:
月火水金/午前9:00~午後6:00
木土/午前9:00~午後5:00
>>詳しくはこちら